【平兵衛酢】宮崎野菜やさい縁のお野菜紹介

平兵衛酢

日向の里のご当地柑橘 宮崎の柑橘類といえば、日向夏をイメージされる方も多いかもしれませんが今回お届けするのは、平兵衛酢(へべす)。 江戸時代、日向の地(現在の日向市)の長曾我部平兵衛さんが、山の中で自生しているのを見つけ…

【かぼちゃ】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

気立てのよい宮崎の女性のことを…? 見た目に派手さはないが、働き者で気立てのよい宮崎の女性のことを皮が黒く小振りだがまろやかな甘さと旨味がぎゅっと詰まった宮崎のかぼちゃにたとえて「日向(ひゅうが)かぼちゃ」と表現したりい…

【空芯菜】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

一度食べればやみつき 茎が空洞になっていることから、心(芯)が空洞の野菜で空芯菜。別名が多く、ヨウサイやアサガオナ、エンサイなど呼ばれています。 日本では沖縄で自生しているように、暑い地域の東南アジア原産。高温多湿の熱帯…

【小松菜】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

小松菜の名前の由来 東京都江戸川区の荒川沿いに小松川という地名がありますが、江戸時代の初めに、8代将軍徳川吉宗公が小松川付近に鷹狩に訪れた際に献上され、たいへんお気に召され、この地名を取って小松菜と名付けられたと言われて…

【ゴボウ】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

食べていたのは日本人だけ⁉ 平安時代に日本に薬用として伝わり、江戸時代以降は食用としても馴染みの深いゴボウ。 きんぴらごぼうにゴボウの天ぷら。特にどじょう鍋やイノシシ鍋には欠かせない食材ですね。 意外にも、食用にしていた…

【大葉】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

大葉

薬味の代表格 シソの青い若葉を摘んだものを大葉と呼び、中国大陸から伝わり、平安時代にその栽培が始まったと伝わっています。 シソは漢字で「紫蘇」と書き、食中毒で命が危ぶまれた者に煎じて飲ませたところ回復したところから、「紫…

【ピーマン】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

宮崎と言えば、ピーマン。ピーマンと言えば、宮崎。宮崎は高知県や茨城県と並ぶ、ピーマンの名産地なのです。 今回はそんな宮崎からお届けするピーマンのお話です。 暖かい宮崎の気候が生んだピーマン 高温を好み、多湿や乾燥に弱い為…