【ズッキーニ】 宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

イタリア料理やフランス料理に

きゅうりに似た形や食感ですが実はカボチャの仲間です。
花が咲いて4〜5日経って長さが20cmくらいになった幼果を収穫。
そのまま放っておくと、すぐに大きくなり固い果実になってしまいます。

油との相性もよく、イタリア料理やフランス料理などには欠かせない食材。
欧米のレシピも多く知られるようになって、最近ではスーパーでもよく見かけるようになりましたね。

ズッキーニ

宮崎は長野に並ぶズッキーニの名産地!

国内での生産は長野県と宮崎県がそのほとんどを占めています。
冬でも日照時間が長く温暖な気候なので、宮崎はズッキーニ栽培にぴったり。

ビニールハウス栽培が始まったのは宮崎が最初らしく、もっともっと宮崎のズッキーニが知られるようになるといいですね!

これからお母さんになる方にもオススメ

主要な栄養素は、カリウム。
高血圧予防に効果的です。

その他、β-カロテンやビタミンCなども多く含んでいます。
抗酸化作用もあるβ-カロテンは脂溶性なので、油と相性のよいズッキーニには
まさしく鬼に金棒です。

また、葉酸も多く含んでいる野菜なので、妊娠を計画されている女性や妊婦さんにはぜひオススメしたいお野菜でもあります。
無理のない範囲で摂ってみてくださいね。