【切り干し大根】宮崎野菜 やさい縁のお野菜紹介

宮崎の特産品

宮崎県の特産品として有名な切り干し大根!
生産量は日本一を誇るそうです。

宮崎県内をドライブしていると、畑の中に「干し棚」という、切り干し大根を乾燥させるための棚が並んでいる光景を見ることができます。
細く切った大根を天日干しで乾燥させる光景は、宮崎の風物詩ともいえます。

大根の栄養素が10倍以上!?

切り干し大根は大根を干したもの、というだけではなく、実は生の大根の栄養素が凝縮されたとっても栄養価の高い食べ物なのです。

生の大根と比べると、
カルシウムは23倍、ビタミンB1・B2は10倍、カリウムは14倍、食物繊維は16倍
も多く含まれている計算になります。

切り干し大根の使い方

とはいえ、馴染みのない方もいらっしゃると思います。
使い方は以下を参考にしてください。

  1. ボウルに水と一緒に入れて、もみ洗いし、汚れを取ります。
  2. ざる等を使い水を切って、手で絞って水気をとります。
  3. 再びボウルに入れて、4倍のかさ位の水に15分〜20分ほど漬けておきます。

戻し汁は、旨味成分がいっぱいなので、そのまま煮物や味噌汁などに使っても良いです。